あの絵を肴に

美術館愛をお酒を片手に語っております

マグリットと同じ空を見る

先日、渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムに「ベルギー 奇想の系譜」展を見にいったんでした。

f:id:eleventons:20170919175122j:image

とってもユニークで、隙間なくユーモアがたっぷりな展覧会。

どの作品を観てもプッと吹き出してしまいそう。

そんなところは日本の浮世絵師、歌川国芳を彷彿とさせます。

そういえば、ベルギー作家さんの今回の展覧会の変遷を見てみると、日本の水墨画、浮世絵、日本画を思い起こさせました。

喜怒哀楽の表現が豊富だったり、ベタ塗りっぽいところが共通点なのかなあと一人で勝手に思いました。

幼子のイエスを背負った聖人の図が何枚かあるのですが、イエスがどんどん重くなっていくらしく、聖人が、ギョエ〜〜!!という顔をしてるのなんか、「イエス様、子泣き爺ですか!?」って感じでほんとコメディ。

ギョエ〜〜!!といえば、世紀を超えたベルギーの楳図かずおさんか!という作品もあって、奇才というのは時代も国境も超えるのだな、といたく感動したのでした。

図録を買ったのですが、改めてすみずみまで眺めて、あ、こんなところにも笑かしてくれるものが、という新しい発見に終わりが見えません。

行ってよかった。

楽しい展覧会でした。

その次の日くらいの晴れた空に鳩が飛んでいるのを見て、あ、今展覧会で観たマグリットと同じ空を見た、と思ったんでした。

時代も国も違うのにね。

完全に自己満足ですけど、こんな感じで好きな作家さんとコミュニケーションとれたような気分になるのもいいもんですね。

 

ところで美術館は一人で行くことが多いのですが、今回は友人と観ることにして、待ち合わせを開館時間に、と約束していて、前日になって友人からBunkamuraの近くのVIRONというパン屋でモーニングのパン食べ放題をやっているから一時間前に落ち合ってパンを食べまくろう!という魅惑の提案があったのです。

おいしいパン最近食べてないな、VIRONのパンすっごい食べたい!ああパン!!という激しい欲求は芽生えたのですが、なにぶん家事が溜まりに溜まり、これ以上溜めたら人間らしい生活とはいえない、と人間らしさの誇りの最後の一欠片を振り絞って泣く泣くパン食べ放題を断り家事をとり。

 当日朝目標の家事をやっつけおそらくパンをたらふく食べたんだろうないいないいなうらやましいなー、と思っていた友人も家庭持ちのため家事に追われた朝だったそうで、お互いギリギリに到着。

朝はやっぱりバタバタしちゃうよねー、とか思いながら展覧会会場に入ると朝イチから結構人がいて、なんで皆さん朝っぱらからそんな余裕で用事済ましてきたーって素ぶりで絵なんか観ちゃってるんですか?ってなった。

人としての差を感じざるを得ません。

もっと人としてのクォリティを高めたいです。

 

そして展覧会を観終わって、おいしいパンに後ろ髪を引かれていた友人と私はVIRONでランチを即決し、豪華ランチとともに念願のおいしいパンにありつけたのでした🥖

 

f:id:eleventons:20170919195216j:image

 

バゲット。

ベルギー料理ではないけれど、ベルギーで食べたバゲットが思い出深いので、展覧会の余韻に浸りながら食べました。

友人は魚料理だったから白ワイン。

私はミートパイだったので赤ワイン。

昼から不良な大人達はアルコールを楽しむのです。

だってこのブログのタイトル、「あの絵を肴に」だし。